遺言の必要性と料金

遺言とは?

遺言とは、自分が生涯かけて築き上げた大切な財産を、もっとも有効・有意義に活用してもらうために行う意思表示です。
世の中では、遺言がないために、相続をめぐり親族間で争いの起こることも少なくありません。
しかし、今まで仲の良かった物が、自身の財産の相続をめぐり骨肉の争いを起こすほど、悲しいことはありません。
遺言は、相続時のトラブルを未然に防ぐために、遺言者自らが自分の残した財産の帰属を決め、相続をめぐる争いを防止しようとすることに主たる目的があります。

遺言の必要性

下記のような場合は特に、遺言があると良いとされています。

  • 子供がいないので、自分の父母・兄弟などに相続が行かないように、全額を妻に相続させたい場合。
  • 共同相続人(複数の相続人)ごとに、特定の財産を自分が思うように分配する場合。
  • 特別にお世話になった、家族・親族・友人の誰かに、財産の一部を贈りたい場合。
  • 孫にも財産の一部を送りたい場合。
  • 特別に関係の深かった人に、財産の一部を送りたい場合
  • 自分の貯金の一部を、寄付したい場合
  • 相続人が行方不明・海外居住の場合

公正証書遺言を作成する3つの安心

①公正証書遺言は、家庭裁判所で検認の手続きを経る必要がないので、相続開始後、速やかに遺言の内容を実現することができます。

②原本が必ず公証役場に保管されますので、遺言書が破棄されたり隠匿や改ざんをされたりする心配もありません。

③遺言執行者(遺言の内容を実行・実現してくれる人)

作成費用は?

遺言作成もサポート致します。