年金手続き

厚生年金・共済年金について

厚生年金・共済年金の遺族基礎年金の申請
故人が厚生年金や共済年金の加入者なら遺族基礎年金が支給されます。支給されるのは「故人」が生計を維持してきた「子のある妻」。
妻がいない場合では「子」になります。申請期間は死亡日から5年間。窓口は、社会保険事務所か共済組合事務所です。

遺族厚生年金・遺族共済年金の申請

遺族厚生年金と遺族共済年金の手続きはほぼ同じになります。支給額は夫が受給で来た老齢厚生年金か退職共済年金の4分の3が原則です。
申請期間は、死亡日からの5年間。申請窓口は、社会保険事務所や共済組合事務所になります。

中高齢寡婦(かふ)加算と経過的寡婦(かふ)加算

遺族基礎年金が支給されないで妻も「中高齢寡婦加算」が支給される場合があります。支給額は年間59万9600円になります。
また、昭和31年4月1日以前に生まれた妻は、国民年金の加入期間が短く、65歳からの老齢基礎年金額が少ないので、経過的寡婦加算で不足分を補うことができます。
不明な場合は、社会保険事務所や共済組合事務所に問い合わせてみましょう。

国民年金の遺族基礎年金を申請

国民年金の遺族基礎年金の内容は、「厚生年金や共済年金の遺族基礎年金」と同じです。申請窓口は、役所の国民年金課で、死亡した日から
5年以内に手続きをしましょう。

国民年金の寡婦年金の申請

寡婦年金とは、国民年金の保険料納付済期間が25年以上ある夫(第一号日保険者)が老齢基礎年金をもらわずに死亡した場合には、その妻に
支給されます。支給されるには、役所の国民年金課で故人の死亡日から5年以内に手続きします。

国民年金の死亡一時金について

死亡一時金は、第一号被保険者が死亡したときに保険料の納付期間によって遺族に支給される一時金で、国民年金だけに加入している人への
独自の給付です。
申請窓口は役所の国民年金課で、個人の死亡日から5年以内に手続きします。

生命保険の請求

生命保険には、各生命保険会社の生命保険、郵便局の簡易保険、勤務先での団体生命保険、このほか住宅金融公庫の生命保険などがあります。
どの保険も、請求人による支払請求の手続きがなければ保険金は支払われません。支払い請求は死亡後2年以内に行ってください。