家族関係図の作成

家族関係図の必要性

家族関係図を作成することにより、相続人が誰であるか、戸籍等の調査により確定します。

その後行います手続きの際は、家族関係図を参考に、戸籍謄本・除籍謄本等の必要書類を取寄せ致します。

家族関係図はどの様に書いたらいいの?

下記の表を参考に、家族の名前を当てはめていってください。

法定相続人順位

相続では、自分が生まれる前からの戸籍が必要になることも?

亡くなった時、最も面倒なのは相続の手続きです。誰に相続の権利があるか調べるため、亡くなった人が生ま
れた時からのすべての戸籍謄本が必要です。 場合によっては、親や祖父母のものまで必要な事も。戸籍謄
本には、普通の「戸籍謄本」の他にも「除籍謄本(戸籍に記載がある人が全員なくなる場合)」と「改正原戸籍謄本(書き換え前の戸
籍)」があります。
過去に何度か、役所のコンピュータなどで戸籍が書き換えられたので、戸籍を移動しなくても「原戸籍」と「現
在の戸籍」を持つ事に。本人亡き後は、たどるのが難しくなることもありますから、相続に必要な「戸籍」を生前
に供えて置くことをオススメします。